HOME >> bitの仕事

bitの仕事
どんな仕事?
まず、プログム作成の作業から始めます。
プログラムは設計書に従って作成するので、システム設計する人とのチームでの体制となります。
多くの場合は、複数のシステム開発会社でチームをつくるので、お客様の所へ集まって一緒に仕事をすることになります。朝は直接現場に出かけて、一日の仕事が終わると直接家に帰ることになります。

お客様の業種は様々です。製造業、販売業、サービス業、物流、研究、エネルギー、いろんな分野の仕事があります。
プログラミング言語も様々です。手続き型・オブジェクト指向、事務系・制御系、いろんな言語があります。
使うコンピューターも様々です。大型汎用機、オフコン、サーバー、パソコン、マイコン、いろんな機械があります。
プログラム作成の時代にはいろんな分野のいろんな技術をなるべく多く経験するのがいいでしょう。
知識や技術に対するサポートは万全です。何でもありの先輩が何でも教えてくれます。

いろいろな技術を経験して、次はシステム設計。更には、管理や分析、お客様の問題解決へとステップアップしていきます。
キャリアパスを参考になりたい自分を探してください。

意外に思うかもしれませんが、技術の仕事なのにコミュニケーションの力が一番必要です。
お客様の要望を正確に聞きだす、お客様への提言、サブシステム間の整合性の確認、工程間の仕様の伝達、すべては人と人の意思の疎通ができていないととんでもないものを作ってしまいます。

明るく、誰とでも素直に接する事ができる人こそが良い技術者と言えるでしょう。
仕事へのこだわり
技術者集団ですので高い技術力を維持していくことは何より優先で考えます。
身に付けるべき知識や技術は無限大ほどあります。時代とともに加速をつけて進化する技術ではありますが、すべては繋がりがあって、変わっているのではなく積み上げているものです。
技術者も多方面にアンテナを張りめぐらし、進化に遅れることなくお客様に満足していただけるための技術力を積み上げています。

技術者ですので技術力を身に付けるのは当たり前のことで、何のためかを忘れないように、常に自分に問いかけながら仕事を進めます。
直接的にはお客様の要求に答えるためですが、ただ要求に答えるだけでなく、なぜその要求があるのか、システムで叶えたいことの本当の目的は何であるかを探り出しながら開発をしています。
そのためには、お客様のお話をよく聞くことが大事なことですし、技術者としてお客様に示唆することが大事なことと考えます。

自分のための技術は人のために使うもので、人のために何かする、さらには人のために生きることを仕事を通じて学びます。
仕事の達成感とは自分の得たものが人のために役立っていると実感できたときに生まれると信じ、お客様と向き合っています。
bitの実績
創業当初は、利益や売上ばかりを気にして日々仕事をしていたように思います。
でも業績をあげるものは何かといえば人なんですね。
創業から30年以上経ち、仕事の幅も奥行きもずいぶんと広く、深くなりました。
これは支える人が増え、成長してきたという事なんですが、未熟な会社の中で、よく頑張ってくれたと感謝しています。
BITという土壌からすばらしい人がたくさん育ってきた事が一番の業績だと思っています。
大阪採用に関するお問い合わせ
東京採用に関するお問い合わせ
スタッフ紹介
社長ブログはこちら
個人情報取扱に関する同意書ダウンロード